ご存じですか?割られたガラスは火災保険で元通り

まさかの被害時に役立つ、火災保険

空き巣による窓ガラス破損が、火災保険の補償対象になることをご存知ですか?火災保険は、その名称からか「火事のみを補償する保険」と勘違いされている方がとても多いものです。火災の被害に比べれば窓ガラスの破損は小額だからと、保険金の請求をせずに自己負担で修繕してしまう方もいらっしゃるようです。ご自身が加入されている火災保険の補償内容をしっかり理解している方は、案外多くないもの。それどころか、火災保険に入っていることすら忘れてしまっていることも少なくありません。

加入しておこう!火災保険

「今の賃貸マンションに越してきたとき、自動的に加入していた」「持ち家購入時、住宅ローンを組む際に火災保険の加入が義務付けられていた」「火事でも起こらないかぎり、使うことはないだろう」など、普段あまり意識することはないかもしれません。ですが、まさかの空き巣被害にあったとき、あなたの身を助けてくれるのが火災保険なのです。

ご存知ですか?火災保険で割れたガラスを修復!

悪意をもった他人が自宅に勝手に入り込むなど、物的被害に加え、精神的にも大きなダメージを受けて呆然としてしまいがちです。被害に遭われたお客様の気持ちに寄り添い、私たちもダメージ修復のお手伝いをいたします。まずは、すぐに駆けつけて割られた窓ガラスを交換いたします。割れたままの窓ガラスは侵入の様子が生々しく、恐怖や不安感を煽るもの。火災保険に加入していたこともすぐ思いつかないほどに動揺してしまうのは無理もありません。ほとんどの火災保険では、泥棒被害によるガラスの修繕費が適用になります。保険会社へ申請時に必要となる見積書、領収書などの書類は弊社でご用意いたしますので、どうぞご安心ください。

ガラスの事は鍵のガラスにお任せください。0120-658-119

泥棒は窓ガラスからやってくる

侵入窃盗は、1日あたり約256件発生しています。つまり、6分に1件の被害が起こっている状況です。(警視庁 住まいる防犯110番より)侵入窃盗の被害は、全体の約25%が一戸建て住宅で発生していることをご存知ですか。(警視庁 生活安全総務課調べ)家の窓ガラスが侵入経路になったケースは、なんと70%弱。泥棒は、さまざまな経路であなたのお宅に侵入しようとします。
例えば、塀から2階のベランダへ。格子ではなく、外から見えづらくデザイン性を重視した高い壁になっているのをいいことに、窓ガラスを破って侵入。泥棒は用意周到な下調べの後、留守を狙って大胆にも1階のリビングに面した窓ガラスから侵入してくることも。ご自宅を囲う塀や背の高い植え込みが、思わぬ死角になってしまうのです。マンションにお住まいの場合も、決して油断はできません。排水パイプを登って、または共用廊下からまわりこんで、階下のルーフバルコニーへ。周りから発見されないよう、壁の高さより身をかがめて姿が見えないようにしてすばやく侵入してきます。

泥棒のターゲットエリアとは?

一戸建て住宅はもちろんマンションでも油断できない、空き巣被害。お住まいのエリアで被害情報を耳にしたら、どうぞご注意を。泥棒に目をつけられやすいターゲットエリアには、いくつかの特徴があります。人目につかずに容易に立ち入りが可能な空間(空き地や駐車場など)や、不特定多数が出入りするスーパーや各種店舗などの商業施設が近くにありませんか。また、人通りが多い繁華街や交通量の多い道路沿い、高級物件が集まっている地区も狙われています。

被害に遭ったら、まずは110番!

平和な日常生活をおくっていると、まさか自分が泥棒被害に遭うなどと考えないのが普通です。帰宅時にいきなり部屋の中が荒らされていたり、窓ガラスが割られていたら取り乱してしまうのも無理はありません。ですが、まずは落ち着いてすぐ警察に連絡をしましょう。なにが盗られたのか、あれは大丈夫なのかなど、被害状況を調べたい気持ちはわかります。ですが、みだりに手を触れずにすぐに110番し、現場の実況見分を待ちましょう。
現金の他に、クレジットカードや健康保険証、印鑑、パスポートなど、個人情報が伴う重要なものがなくなっていた場合は、すぐに盗難届を提出しましょう。スマートフォンやタブレット、パソコンがなくなっている場合も、さまざまな個人情報もいっしょに盗まれている可能性が高いです。「なくなっているかも?」と思ったときには、紛失届を。盗難届の受理番号は、必ず確認しておきましょう。後日、保険金を申請する際に必要になります。 また、盗まれたクレジットカードや保険証などを悪用して、お金を借りられたり詐欺行為に使われた際、その時点で本人の手元を離れています、という公的な証明になりますので盗難届の届出は重要です。

防犯ガラスを泥棒が嫌う理由とは?

ご自宅の窓ガラスが割られて被害に遭ったお客様より、防犯ガラスへの交換についてご相談いただくことが多くなっています。防犯ガラスの特長は、内部に特殊なフィルムが仕込まれており、ガラスが割れても侵入のための穴を開けることが困難なことです。泥棒は侵入に時間がかかるリスクを避ける傾向が強いため、手間のかかる防犯ガラスを苦手とします。侵入に手間取って5分経過すると、泥棒の約7割は諦めて退散します。いかに侵入に時間がかかる防犯器具で対策をしているかどうかが、実際に被害に遭うか遭わないですむかの大きな分かれ道といえます。
弊社では、窃盗被害はなかったものの、防犯ガラスにヒビが入っていた、とのご相談をいただくこともございます。いくら実際の被害がなかったとはいえ、泥棒が侵入を試みた痕跡は不安を煽るもの。そんな場合は、どうぞご連絡を。すぐに駆けつけ、割れた窓ガラスの交換をいたします。

防犯設備士による、安心サポート・豊富な経験によるアドバイス

弊社には、経験豊かな防犯整備士が在籍しております。防犯整備士とは、警察庁所管の公益社団法人「日本防犯設備協会」が認定する資格です。効果的な防犯対策をするには、ただ防犯機器を取り付ければよいというものではありません。防犯整備士は、防犯機器の専門的な知識と豊富な経験で、あなたのお宅に有効な防犯対策のアドバイスをいたします。泥棒に狙われやすい家になっていないかの防犯診断や、防犯ガラスや防犯に関するご相談もどうぞお任せください。例えば、空き巣被害によるガラス破損の火災保険補償の場合、同じ種類のガラス交換にしか適応されません。今後のため、透明ガラスから防犯ガラスへの変更をご検討の場合、お見積りは全て無料でご案内しております。お客様のお好みやご希望に沿った、機能性も兼ね備えたさまざまな防犯ガラスをご用意いたしております。

緊急のガラストラブルから防犯相談まで、私たちがお力になります!

実際に被害に遭われた方でも、時間が経つにつれて防犯意識が薄れていきがちです。一戸建て住宅でもマンションでも、泥棒被害は後を絶ちません。防犯意識を高めて十分な対策をすることが、未然の被害防止と日々の安心につながります。この機会に、ぜひお宅の防犯を見直してみてはいかがでしょうか?お住まいのお宅の他に、遠方のご両親やお子様など、あなたの大切な方々が暮らす場所の防犯も気になる方は多いのではないでしょうか。それぞれの暮らしに即した防犯対策を講じることが、皆が安心して暮らせる毎日につながります。
「突然の泥棒被害で破損したガラスをすぐに直してほしい」といった、緊急のガラストラブルはもちろん、防犯診断のお申し込みや防犯に関するさまざまな不安や心配事がございましたら、お電話、またはメールフォームからご連絡ください。経験豊富なスタッフがお客様のお気持ちを汲みとり、すぐにご説明、あるいはお見積りにお伺いすることで、お客様のお困り事や疑問を解消するお力になります。

知っておきましょう。まさかの被害時に役立つ、火災保険

ガラスの事は鍵のガラスにお任せください。0120-658-119

0120-658-119

メールでのお問い合せ

工事実績

工事実績ロゴ

料金表記は全てコミコミのわかりやすい総額表示を行っております

全メーカーに対応しております

  • ガラス修理の料金表
ガラスのお困り・豆知識
防犯ガラスで家の防犯性を高めましょう
空巣被害で割れたガラスは火災保険で元通り
【空き巣】ご存じですか?泥棒の被害の場合、火災保険が使えます。
エコガラスって何?その機能とメリットを徹底解説!
  • お近くのガラス屋さんを探す
  • カギの修理交換でTポイントをGET 貯まる!使える!
  • ホームページ限定キャンペーン 2箇所以上のカギの交換で、作業料金から・・・3000円OFF!ご依頼時に「ホームページを見た」とお伝えください。
  • 鍵の緊急隊

ページトップへ戻る