ガラスが割れた時の応急処置と業者の選び方

ガラスが割れた時の応急処置と業者の選び方

ガラス修理の緊急隊TOP > コラム > ガラスが割れた時の応急処置と業者の選び方

ガラスが割れた時の応急処置と業者の選び方

急なトラブルへの対処法



日常生活の中で私たちは、想定していないようなトラブルに巻き込まれることがあります。そのようなことの中の一つに、突然自宅の窓ガラスが割れるということがあります。窓ガラスというのは、普段普通に生活しているうえではあまり割れないものだと思っている人も多いでしょう。確かに最近は防犯の観点からも強化ガラスの技術が進化をしており、簡単には割れないようになっているものが多くなっています。しかし、台風や地震といった自然災害の際や子どものおもちゃが飛んだ際など、ふとした時に普段とは異なった力のかかり方をすると突然に割れてしまうケースもあるのです。

もちろん、空き巣が窓ガラスを割って侵入するケースもあります。最近ではガラスの技術が進化したのと同様に、空き巣の手口も進化しています。そういったスキルを持った泥棒に狙われてしまうと、家のものを盗まれた上に窓ガラスが割れてしまうという事態も起こりかねません。

このような際に、すぐに適切な対処をしなければ二次災害を起こす危険性があります。特に割れたガラスというのは非常に危険です。特に家に子どもがいる家庭では取り扱いを考えなければ、子供達がけがをする可能性も出てきてしまいます。

また、もし破損部分が大きければ雨風をしのげなくなるため、すぐに修理の依頼をすることも必要になってきます。同時に複数のことをしなければならないことになりますから、万が一の時のために正しい対処法を頭の中に入れておくことも重要です。もちろん、このような知識を身につけておいて実際に使わないで済むことが理想的です。しかし、不測の事態の時に慌てなくても良いように頭の片隅に入れておきましょう。



業者の選定方法



窓ガラスが割れたといってもその状態は様々です。全てが砕けて窓枠から外れている状態もあれば、一部だけ破損をしてあとはヒビが入ったままで残るという状況もあります。どのような状態であっても、まずは業者を呼んで修理の依頼をすることが大事になります。

しかしながら、業者にも次から次へと修理の依頼が舞い込んできますので、呼んだからといってすぐに来てくれるとはかぎりません。災害時には多くの家で同じような状況になっていることもありますし、場合によっては電話が通じない状況もあり得ます。

地震や台風の場合には送電線が切れてしまい、業者に連絡しようにも繋がらない状況が起きてしまうこともありますし、多くの家庭が連絡をしており連絡がつかないということもあります。また、場合によっては停電が起きたりインターネットが混線して思うように連絡先の確認を取れなかったりすることも起こる可能性がありますから、事前にいくつかの業者の連絡先を控えておくようにしましょう。

業者によっては、スピード対応を行っているところや修理費についても自信を持っているところもありますので、窓ガラスが割れた際に一刻も早く修理をしてほしいと考えているのなら、このような業者を見つけておくことも大事です。可能であれば、事前に評判についても知っておくと良いでしょう。トラブル回避のためにも信頼して任せることができる業者に依頼をしたいので、何もないうちから万が一の時に依頼する業者を選定しておくことが理想的です。



応急処置の方法



業者を呼んでも、到着までにはしばらく時間がかかります。そのため、特に災害時には二次被害が出ないように、可能な限りの対処をしておくことが必要となります。ヒビが入ったものがとりあえずは全て窓枠にとどまっているとしても、いつ砕けるかはわかりません。そこで、応急処置をして業者の到着までしのぐことが重要となります。

応急処置の方法は窓の状況によって様々です。完璧に砕け散ってしまえば、風雨を凌ぐためにビニールシートを貼ったり、子どもがけがをしないように部屋の中に飛び散った破片を集めたりという対処をしていきます。ただし、作業をしながらけがをすることもありますから、必ず長袖長ズボンをはいて素肌が見えないようにすること、作業中は靴を履いてゴム手袋をしておくことを心がけましょう。

逆に中途半端に窓枠に残っている場合や、ヒビが入っただけで全て窓枠にとどまっている時の方が危険度は高まります。急な風が吹くことによって突然全てが砕け散って飛んでくることもあるのです。状況によって対応ができそうな場合には、ビニールシートを貼ったりガムテープを貼ったりして補強して待つことも一つですが、作業中にも外の天気が荒れていたり余震が起きていたりするような場合には、トラブルを避けるために他の離れた部屋に避難をすることも一つの手段です。

ガラスというのは、少しでもヒビが入ったり割れた部分があったりすると一気に強度が下がってしまいます。そのため、ほんの少しのヒビや欠けであったとしても、突然全てが砕けてしまうようなことも起こります。そのため、状況を見て臨機応変な対応を取ることが重要です。

次の記事へ

0120-658-119

メールでのお問い合せ

工事実績

工事実績ロゴ

料金表記は全てコミコミのわかりやすい総額表示を行っております

全メーカーに対応しております

ページトップへ戻る