ガラスに霜がついてしまうのには理由がある

ガラス修理の緊急隊TOP > コラム > ガラスに霜がついてしまうのには理由がある

ガラスに霜がついてしまうのには理由がある

なぜ結露してしまい問題となるのか


マイホームやマンションでガラスが結露するということは、特別に珍しいことではありません。ですがしたたり落ちた水は床に広がり、シミになってしまうこともあります。それが原因となってフローリング材を劣化させる等、さまざまなダメージを与えてしまう要因になります。だからこそ、結露対策は重要な意味が出てきます。カビが生えたりすることもあるので、対策をしていかなければ快適な環境を維持することができません。対策をするためには、なぜガラスに霜がつくように結露するのかということを考えなければいけないでしょう。
時期や地域によっても異なりますが、家の窓ガラスに霜や結露がついていた経験のある人は少なくないのではないでしょうか。なぜ発生するのかといえば、空気中にそれだけ水分があったということです。空気中に含まれている水分が窓に触れることによって急激に冷やされて表れてくるのが、この霜の正体です。実際に逃げ場を失って水滴になると考えるとわかりやすくなりますが、空気の中に含まれる水分量は飽和量として決まっています。これが湿度の%表示になってくるわけですが、大量に湿度が上がってきているからこそ霜も増えていくのです。
飽和状態になってしまうと水蒸気として維持できない分が発生することとなり、これが霜としてガラスに表れます。温度を下げている原因が、ガラスにあるからです。ただし、温度が下がらなくても飽和量を超えた水蒸気が発生すれば、必然的にあふれ出してしまいます。これも大きな問題となる点は見逃せません。

急激に冷えてしまうことに対する備え


窓ガラスが空気を冷やす原因であるだけではなく、面積の広さということも要因となってきます。冬の外気は夏の室内の温度より低く、窓ガラスはそうした外気に接しているため、面積が大きくなればなるほど冷えやすい場所となってきます。単純に言えば、この面積に対して対策を施すことができれば、霜はつきにくくなります。ですが、外の温度を上げたりと変えたりすることはできないため、外気も防ぐことはできません。そこで、内側から断熱するということが、ひとつの手段として考えられます。
温度を遮断することによって、暖房効率もあげることができますが、手軽にできるのが断熱フィルムを貼るということです。効果が高いというわけではありませんが、だれでも気軽にできます。しかしシートを貼り付ける場合は、サッシ部分などシートを張っていない場所は結露してしまいます。そのため霜がついてしまったときは、水分を床に落ちないようにするという対策が必要になります。貼りつけられる吸水シートを使うことによって、ひどくなってしまうことを防止することができるでしょう。ただし、あくまでも霜がつくことが前提の対策です。窓全体を断熱して霜がつかないようにするためには、ガラスから変えていく必要があります。

熱を逃がさないようにする根本解決


熱が逃げないようにするということで使われるのが、断熱ガラスです。複層ガラスと呼ばれますが、一般的な熱吸収や反射ガラスとは異なります。ペアガラスも同じもので、間に空間があるのが特徴です。単純に2枚を合わせているというだけではなく、間に空気の層を設けていることによって、熱の影響を緩和させる層を作るというところが特徴となっています。空気はどこかに逃げてしまったりするわけではなく、緩衝材として使われ続けるだけで、熱によって結露がつきにくくなります。
断熱ガラスは冬に活躍するだけではなく、夏場にも有効です。外からの熱が入りにくいため、冷房設定温度を上げても涼しくエコにも繋がります。さらには防音の効果もあります。防音ガラス程ではありませんが、近所の騒音軽減やピアノの音など遮音性に優れいているペアガラスもあります。とは言ってもガラスを変えるとなるとサッシ等も交換が必要になり面倒と思う方も少なくありませんが、ガラスによっては今と同じものをそのまま利用することも可能です。断熱フィルムを貼るだけであれば自分でもできますが、ガラス全体を加工する場合は専門の業者に依頼した方がよいでしょう。
値段は自分で行うよりも高くなる可能性もありますが、結露の水分を放置しておくとカビが発生してしまいます。そのカビはガラスだけでなくサッシ部分や窓枠が木の場合はその部分にも発生します。発生したカビはガラスについた水分で増殖し、胞子が空気中に巻き散ると家の至るところにカビが侵食する原因となり、小さな子供がいる場合はアトピー性皮膚炎や気管支ぜんそくの原因にもなるためしっかり対策することが大切です。
いざ対策するとは言っても結露を防止するためのガラスは、ペアガラスをはじめいろいろな種類があります。そしてそのガラスそれぞれにメリットとデメリットがあります。結露対策をしたい窓の場所によっても適した対策方法があるため、自分の家でどういった対策が好ましいかわからない場合はプロである専門業者に相談してみると良いでしょう。

次の記事へ

0120-658-119

メールでのお問い合せ

  • ガラス修理の料金表
ガラスのお困り・豆知識
防犯ガラスで家の防犯性を高めましょう
空巣被害で割れたガラスは火災保険で元通り
【空き巣】ご存じですか?泥棒の被害の場合、火災保険が使えます。
エコガラスって何?その機能とメリットを徹底解説!
  • お近くのガラス屋さんを探す
  • カギの修理交換でTポイントをGET 貯まる!使える!
  • ホームページ限定キャンペーン 2箇所以上のカギの交換で、作業料金から・・・3000円OFF!ご依頼時に「ホームページを見た」とお伝えください。
  • 鍵の緊急隊

お問い合せ | ガラス修理の緊急隊 -窓ガラスの修理や交換はプロのガラス屋さんへ