ワイヤーガラスの使用目的と交換方法について

ガラス修理の緊急隊TOP > コラム > ワイヤーガラスの使用目的と交換方法について

ワイヤーガラスの使用目的と交換方法について

ワイヤーガラスにも種類がある


ワイヤーガラスは公共施設や店舗、アパートなどで使われているのを見かけることが多いと思います。その名の通り、ガラスの中にワイヤーが入ったガラスですが、このガラスの特徴や種類についてご存知でしょうか。また、公共施設や店舗で使われていることが多いのにも理由があります。こちらではワイヤー入りのガラスについて詳しくご紹介していきます。
ワイヤーガラスとひとことで言っても、その種類はいくつか存在しています。一般的に使用される頻度が高いのは、ひし形にワイヤーが入ったタイプのものです。その他縦横方向に正方形状のワイヤーが入ったタイプのもの、縦方向のみにワイヤーが入ったものがあります。このワイヤーの入り方によって選べるガラスの厚みが変わってくるので、希望するガラスの厚みによって選ぶワイヤーの入り方も変わってくるでしょう。種類は他にもガラス自体の透明度に違いがあり、透明度の高いものと半透明のものがあります。
このワイヤーガラスの目的ですが、防犯性能を高めるためだと思われている方もいますが、実は防犯性能は全くありません。ワイヤーが入っているだけで、使われているガラスは通常のガラスと変わらないガラスです。ワイヤーも工具を使えば簡単に破られてしまいます。むしろワイヤーが入っているぶん静かに割れる傾向があるので、目立たずに割ることができるガラスですので、空き巣からすれば割りやすいガラスだと言えるかもしれません。それではどうしてワイヤー入りのガラスが使われるのでしょうか。

ワイヤーガラスが使用されている理由とは?


次にワイヤーガラスが使用される理由についてご紹介します。それは火災などの際にガラスの飛散を防ぐ目的があるからです。ワイヤーが入っていることでガラスは周囲に飛び散ることなく割れるため、火災が起きた際にも安全性が高くなります。ですが、建物をつくる時に、火災時の安全性を高めようとして設置されている訳ではありません。もちろん突き詰めていくと安全性が理由になるのですが、建築基準法によってワイヤーガラスの使用が定められている場合があるからです。
ワイヤー入りのガラスは建築基準法ではガラスではなく防火設備と考えられています。そのため、防火地域、準防火地域では使用しなければならないものとなっています。さらに隣地境界線や道路中心線からの距離や高さによって使用が義務付けられる場合もあります。例えば建物の2階以上であれば、災害が起きてガラスが割れた時に飛散すると、破片が下にいる方に降り注いでしまう恐れもあります。ですから、建物の2階以上で一定の条件に当てはまる部分には、ワイヤーガラスを設置しなければならないという具合です。これらの箇所は延焼の恐れのある部分という風に言われていますが、この規定があるため公共施設や店舗で使用されていることが多くなっています。
ワイヤーガラスは熱割れしやすいガラスだと言われていますが、耐熱温度自体は110℃とかなり強度は高いものです。いくら強度が高いとはいえ火災による熱で割れないという訳ではありませんが、割れてしまってもヒビが入りながら静かに割れるので、飛び散って体を傷つけるということはない安全性があります。

ワイヤーガラスを交換する方法は?料金はどの程度かかる?


ワイヤー入りのガラスはこの様に割れにくいガラスという訳ではありませんので、知らない内に割れてしまっていたということもあるでしょう。そんなときは、安全性や防犯性も考えてすぐに交換する必要があります。ガラスの交換を頻繁にしているという方は少ないでしょうから、ワイヤーガラスの交換方法についても見ていきます。
ワイヤーガラスは最初にご紹介したようにワイヤーの入り方によって3種類に分けることができます。さらに透明か不透明かで分けることができますが、まずはこのガラスの種類を決めます。ワイヤーが入っていれば建築基準法の規定も満たしていますので、ここは好みで選んでも問題はありません。縦方向のみにワイヤーが入ったものはデザイン性にも優れているので、店舗などで多く導入されています。アパートやマンションの場合、ワイヤーガラスを使用しなければならない箇所は、2階以上で共用部分に接する場所という規定もあるので、半透明のものを選ぶ場合が多くなります。
ガラスの代金は選択するガラスの種類や厚み、大きさによって異なりますが、ガラス代の他に作業費が必要になります。業者によっては出張料金などが別途でかかる場合もありますし、機器がなければ交換できない箇所の場合は、その機器を使用するための費用がプラスされることもあります。このように交換するための合計金額は選ぶ業者によって異なります。ワイヤーガラスが割れてしまってお困りの場合には、ガラス交換の業者に見積もりを出してもらうことができます。複数の業者に依頼して、金額と対応の良さを比較してから決めたいものです。

次の記事へ

0120-658-119

メールでのお問い合せ

  • ガラス修理の料金表
ガラスのお困り・豆知識
防犯ガラスで家の防犯性を高めましょう
空巣被害で割れたガラスは火災保険で元通り
【空き巣】ご存じですか?泥棒の被害の場合、火災保険が使えます。
エコガラスって何?その機能とメリットを徹底解説!
  • お近くのガラス屋さんを探す
  • カギの修理交換でTポイントをGET 貯まる!使える!
  • ホームページ限定キャンペーン 2箇所以上のカギの交換で、作業料金から・・・3000円OFF!ご依頼時に「ホームページを見た」とお伝えください。
  • 鍵の緊急隊

お問い合せ | ガラス修理の緊急隊 -窓ガラスの修理や交換はプロのガラス屋さんへ