板橋区でガラス修理を依頼するにあたっては

板橋区でガラス修理を依頼するにあたっては

ガラス修理の緊急隊TOP > コラム > 板橋区でガラス修理を依頼するにあたっては

板橋区でガラス修理を依頼するにあたっては

ガラスが破損し、業者に修理を依頼することになったら


板橋区にお住まいの方で、ガラスが割れてしまい、業者に修理を依頼することになったという経験をお持ちの方もおられるでしょう。そのような状況を想定した上で、前もってガラス修理を依頼する業者を決めておくことも大切になります。割れたガラスは、断片が鋭利な凶器として人やペットなどを傷つけることにもなりかねないので、注意する必要があります。
窓に使用されているガラスはもろく、簡単に割れてしまう性質をしているものもあります。例えば、石が当たったりボールが飛んできたりして、窓ガラスが割れてしまうこともあり得ます。そういった場合に備えて、応急処置も含めて対処方法を考えておくことも大切です。
窓ガラスが割れてしまい業者に修理を依頼した場合でも、スタッフが到着し作業が完了するまでにはある程度の時間がかかります。それまでの間割れたガラスを放っておくと、子どもが踏んだり、ペットが誤って食したりしてケガをしてしまうリスクも生じてきます。ガラスの割れた場所が人払いをすることのできる環境であれば、業者が到着するまでそのままの状態を放置しても問題はないかもしれません。しかし、トイレやバスルーム、キッチンなど日常的な生活シーンの中で頻繁に使用する場所では、割れたガラスを放置するわけにはいかないはずです。このような場所にガラスの破片が散乱していると、アクシデントの発生するリスクが高くなるので気をつける必要があります。

修理業者が来るまでの間に行っておく応急処置について


板橋区などで生活するにあたっては、ガラスが割れた時に備えてガラス修理業者が到着するまでの間に応急処置の方法を考えておくことも大切だと説明しましたが、この応急処置を行う人が割れたガラスでケガをしてしまうリスクもあるので、作業する際は注意する必要があります。こちらのリスクを軽減するために、作業を行うにあたっては肌を露出しないように気をつけましょう。
例えば、肌を覆う1枚の布だけでも皮膚が切れるのを防ぐ役割を果たしてくれます。足元もソックスを穿いているだけでは、ガラスを踏んだ時に足の裏にガラス片が刺さってしまう危険性が高くなります。そのため、スリッパを履いたり分厚いタオルを巻いたりするなどして作業を行う必要があります。また、ガラスの散乱状態がひどい場合には、スリッパを履いた状態で上からガムテープを巻いて固定すると良いでしょう。このようにしておけば、何かの拍子にスリッパが脱げてしまい、ケガをするリスクを回避することができるでしょう。そしてさらに深刻な状況においては、スニーカーなどの靴を履いて作業を行うことをおすすめします。家の中で靴を履くことになってしまいますが、その後掃除すればいいだけのことですので、ケガをするよりは良いと言えるでしょう。
その他の部分も肌を露出しないように心がけることが大切です。基本的に長袖長ズボンのスタイルで作業を行い、手には軍手などを使用しましょう。軍手は、薄手のものだとガラスを通しケガをしてしまうリスクがあるので、重ねて使用するなど工夫を凝らすことがポイントになります。

作業を行うにあたってのチェックポイント


この先、板橋区などでガラスが割れてしまった際、応急処置の作業をするにあたっては、割れたガラスでケガをすることのないよう適切な準備を整えることが大切です。そのようにして準備が整ったら、子どもやペットはその場から遠ざけておきましょう。いくら言葉で言って聞かせても、誤ってガラスの破片を踏んでしまうということは起こる可能性があります。このような事態を回避するためには、物理的に隔離してしまうことがポイントになります。
子どもにとっては、普段とは違う状況の中で何か作業をしていれば、必然的に興味・関心の対象となります。また、ペットにしても、飼い主がいるところに近づこうとするのは自然な反応です。こういった状況では、子どもやペットが散乱したガラスを踏んでケガをしてしまうリスクが高く、安心して作業を行うことができないので注意する必要があります。子どもやペットを遠ざけて安全を確保した後は、割れたガラスの中でもサイズの大きなものから片づけていきましょう。その際には、大きなガラスを落とすと被害を拡大させてしまうので、慎重に作業を行うことがポイントになります。
取り除いたガラスは、新聞紙に包むことでさらなる被害の拡大を防ぐことができます。したがって、一つずつ新聞紙で包んでから段ボールに入れると良いでしょう。この状態にしておけば、業者によっては処分してくれることもあります。ここまで作業が終わった後でも、子どもやペットを隔離しているのを解除してはいけません。ガラス片は大変小さいものもあり、肉眼では確認できないようなガラス片も存在します。そのため、確実な安全性を保つためにもガラス修理業者が到着するまでは隔離しておく必要があります。

次の記事へ

0120-658-119

メールでのお問い合せ

工事実績

工事実績ロゴ

料金表記は全てコミコミのわかりやすい総額表示を行っております

全メーカーに対応しております

ページトップへ戻る