長期的に使用することで訪れる窓ガラスの寿命

長期的に使用することで訪れる窓ガラスの寿命

ガラス修理の緊急隊TOP > コラム > 長期的に使用することで訪れる窓ガラスの寿命

長期的に使用することで訪れる窓ガラスの寿命

窓ガラスに寿命はやってくるのか


どんな家であっても、窓ガラスははめられていることが一般的です。光を取り入れるためにも、閉鎖空間にしないためにも、必要となってくる存在です。また、衝撃を受けたりすると割れてしまったりすることがあるのは、誰でも知っている特徴と言えるでしょう。
しかし、寿命ということでは、ガラスは他の物質に比べて非常に長い寿命を持っています。ただ、寿命とは何かという考え方にもよるため、半永久というわけではないということになります。物質として考えれば、ガラスの寿命は気になるものではありませんが、窓ガラスとして考えるといつまでも透明で保てるとは限りません。きれいな透明感が失われ、曇りガラスのようになってしまうことも起きてきます。これを一定の寿命として考えることが多くなっています。
この状況は、本来ガラスの寿命を表すものではありませんが、窓ガラスの果たす役割として考えれば交換したくなる時期と言えるでしょう。表面が白く浮き上がって雲のようになっていきますが、これは経年変化によってガラスに含まれているアルカリ成分が溶出する現象を示しています。これをアルカリ溶出と呼びますが、一般的な製品にも表れる可能性があります。
このようなアルカリ溶出が起きるのは、一般的なガラスにはソーダ石灰ガラスと呼ばれるものが使われていることが要因です。ガラスが水と接することでアルカリ成分が溶出していき、白くなります。窓ガラスが雨に接していたりすることでこのような事態が起きますが、ごく微量の成分だけが流出を繰り返し、やがて白く焼けたような状態を作り出していくのが問題です。特に窓ガラスは、アルカリ溶出が起きても放置されやすく繰り返していくことになるため、白く焼けたような状態は直らなくなっていきます。これが一定の寿命と考えることができるでしょう。

こまめにふき取るということ


窓ガラスの寿命ともいえる白い焼けは予防することができるかどうかが問題です。基本的な考え方としては、水分が付着しなければ起きません。付着しても、溶出する前に拭き取ってしまえば、最小限にとどめることができるため、問題はないでしょう。大量の水に接したままにするという方法もありますが、窓ガラスということでは現実的ではありません。
コーティングでも対応ができますが、コーティング剤自体が寿命を迎える可能性もあるため、これも現実的な対応とは言えないでしょう。一番の対策は、こまめにふき取るということになってきます。実際に状態の軽いうちは、洗ったり布で拭いたりするだけでも対応ができるため、しっかりと掃除をするだけでも寿命を延ばすことが可能です。
他には、成分の違うガラスを使用するという方法もあります。テレビやパソコンのモニターの前面に貼られているのは、無アルカリガラスと呼ばれる製品です。アルカリ成分さえなければ反応しないため、こうしたガラスが使われています。プラスチックにも似ている存在ですが、実は全く違うものです。液晶ディスプレイの場合には、複層化されており、途中に使われているため、見た目はプラスチックですがガラス製品でもあると言えます。このような素材のガラスを使うことによって、白い焼けを予防できるようになります。

紫外線によって日焼けする


窓ガラスの寿命として考えられるものに、もう一つ日焼けと呼ばれる現象があります。これは、アルカリ溶出とはまた違った現象です。経年劣化にも近い現象ですが、日々日光にさらされているというところが問題になります。
強い光にさらされ続けると、問題になるのが紫外線です。さまざまな物質を劣化させてしまう紫外線は、ガラスも例外ではなく影響を与え、化学反応を起こすことになるため、本来は色など付けられていないガラスが着色されたような状態が出来上がります。これをガラスの日焼けと呼びますが、最悪のケースとしては、割れてしまうことも起きます。それほど劣化させる力が強いのが紫外線だと言えるでしょう。住宅の場合には、他にもいろいろなものが影響を受けていくので、理解しやすい現象とも言えます。偏光グラスといった物は、この性質を利用して作られている製品です。さらに色調偏光といったことまで利用されるようになっており、さらに便利に活用されてきています。
ガラスは機能としても必要なものですが、見た目の面でも大切なものです。内側から外を見ても、透過できないということはストレスも溜まるようになるでしょう。劣化は先延ばしにすることができますが、やがて寿命というかたちを迎えることも出てきます。その時には、光を取り入れることを考えても、劣化してもろくなってしまったような状況を回避するためにも、交換について考えていくといいでしょう。割れた状態とは異なり、早急な対策として修理を急がなくても済むのですから、メンテナンスをしやすいものなど納得できるものに交換を考えるのが得策です。

次の記事へ

0120-658-119

メールでのお問い合せ

工事実績

工事実績ロゴ

料金表記は全てコミコミのわかりやすい総額表示を行っております

全メーカーに対応しております

ページトップへ戻る