防災面を考慮した場合に利用を考えたい防火ガラス

ガラス修理の緊急隊TOP > コラム > 防災面を考慮した場合に利用を考えたい防火ガラス

防災面を考慮した場合に利用を考えたい防火ガラス

火災に関する法律が厳しくなっている中で


火事のニュースは空気が乾燥する秋冬などの季節などになると毎日見ることになりますし、そのたびに、自分の家の防火についてもしっかり考えなくてはならないと痛感することも多いでしょう。しかし、自分が怖い思いをしたことがないと、ついつい大丈夫とも思ってしまうことが多いです。火事から住宅を守る、また人命を守るということで、火災についての法律はよく改正されています。以前は自宅に煙感知器などを付ける事は義務付けられていませんでしたが、現在は住宅にも煙感知器などの消防設備を設置することが義務付けられていて、これがついていない状態で火災が起きた場合、火災保険適用とならないこととなるので、現在つけていないという方は早急につけておくことをおすすめします。
集合住宅などではスプリンクラーの設置や救難はしごの設置など、一般住宅よりもさらに厳しい消防設備の法律がありますが、一般住宅も、火災が起きた場合に最小限の被害ですむように、安全性の高い設備を整えておきたいものです。もしもの火災に備えるということで、公共施設などでは防火ガラスの設置が義務付けられています。このガラスは一般住宅では聞き慣れないものですが、最近はこうした特殊なガラスへの交換を考えるご家庭も多くなっています。
この特殊なガラスには、ワイヤーガラスという網入りのガラスと、耐防火ガラスという透明のガラスの2種類がありますが、火災の際、安全性を重視したガラスとなっていますので、小さいお子さんがいるご家庭や、高齢者がいるご家庭、またペットがいるご家庭などからの設置依頼が多くなっています。実際にこうしたガラスはどのような物なのか、防火効果はどのくらいあるのかということを理解し、予算が合えば通常のガラスから特殊ガラスへの変更を考えてみてはいかがでしょうか。

防火ガラスが必要な場合とは?


全ての住宅や施設にこうした特殊ガラスが必要ということはありません。都市計画法に指定される防火地域、また準防火地域にある建物の場合、その建物の規模によって耐火建造物、準耐火建造物にすることが求められます。この場合に利用するガラスが防火ガラスなどです。
ワイヤーの入ったガラスを利用することが求められるのですが、防火地域、準防火地域の変更や拡張がある場合には、透明ガラスから特殊ガラスに交換しなければなりません。暮らし始めた時にはこの地域ではなかったけれど、その後、防火地域、準防火地域に指定されたという場合、交換が必要となり、次回ガラス交換を行う時や増築するという時に、高い建造物の仕様を満たすために、防火ガラスなどに変更することが求められます。ひし形、または正方形のワイヤーが入ったものが一般的とされています。最近はワイヤーが入っている特殊ガラスも、透明ガラス、不透明ガラスなど種類が多くなっていますので、利用する施設によって選ぶこともできます。
また防火を考慮し、断熱性能が優れている複層ガラスに交換するという方もいますし、防犯ということも一緒に考えたいという場合、網入りガラスの防犯ガラスを利用されるご家庭もあります。これらは特殊ガラスになってしまうため通常のガラスよりも高くなりますが、その分、しっかりと人命を守るためのガラスとなっていますので、リフォームなどの際にこうした特殊ガラスに交換することを考えてもいいでしょう。ワイヤー入りのガラスは、火災の熱で割れた場合にも通常のガラスの様に鋭利な凶器のようになることが少なく、ワイヤーがある事で、ガラスが下に落下することを予防してくれます。

いざという時のために即来てくれる業者を理解しておこう


防火ガラスなどの特殊なガラスについては、地域のサッシのお店や建築会社等においていないということもあります。例えばお子さんがボールなどをぶつけてガラスが割れたという場合、交換することになるでしょう。
住宅を建設してくれた建築会社や設計事務所経由で地元のガラス店に交換を依頼したけれど、特殊な防火ガラスは取り寄せになってしまうことも多く、修理に時間がかかるといわれることも少なくありません。こうなるとガラスが無い状態もしくは段ボールなどをあてて風、雨が入ってこないようにしなければなりません。
防犯という面でも不安になりますが、地域のお店で交換に時間がかかるということなら、救急でいつでも来てくれるガラス専用の業者などもあるので依頼されてみるといいでしょう。こうしたところではどのような救急措置願が来ても対応できるように各種ガラスを一通りそろえていることが多く、施工についても金額を提示しお客様の方で納得がいくようなら即工事してくれます。お子さんがいるご家庭などは防犯という意味でもガラスが破損している状態は怖いと考えられますので、こうした即利用できるガラスの交換業者なども理解しておくといざという時にも安心して利用できます。

次の記事へ

0120-658-119

メールでのお問い合せ

  • ガラス修理の料金表
ガラスのお困り・豆知識
防犯ガラスで家の防犯性を高めましょう
空巣被害で割れたガラスは火災保険で元通り
【空き巣】ご存じですか?泥棒の被害の場合、火災保険が使えます。
エコガラスって何?その機能とメリットを徹底解説!
  • お近くのガラス屋さんを探す
  • カギの修理交換でTポイントをGET 貯まる!使える!
  • ホームページ限定キャンペーン 2箇所以上のカギの交換で、作業料金から・・・3000円OFF!ご依頼時に「ホームページを見た」とお伝えください。
  • 鍵の緊急隊

お問い合せ | ガラス修理の緊急隊 -窓ガラスの修理や交換はプロのガラス屋さんへ