防犯ということでは窓周りの対策を

ガラス修理の緊急隊TOP > コラム > 防犯ということでは窓周りの対策を

防犯ということでは窓周りの対策を

侵入経路として危ない窓周り



泥棒の侵入経路を考えるということは、防犯の一番のポイントになってくるでしょう。入られなければ、被害に遭うこともありません。その経路を遮断することができれば、被害は最小限に抑えることができます。一番のポイントになってくるのは、外壁の部材として最も強度の低い、窓であると言えるでしょう。過去に宝石店の壁をぶち抜き侵入した窃盗グループがありましたが、こうした例は一般の住宅ではありません。

空き巣が狙う場所としては、最も時間がかからないところであるということが重要です。家の外側でかけられる時間は、5分程度と言われています。これ以上の時間をかけると、音が出る出ないにかかわらず、発見される可能性が高まると考えられているため、5分以上かかるようなところからは泥棒が侵入する割合がかなり低くなります。そこで、ターゲットになりやすいのが窓ということになります。玄関などの扉は、鍵の種類を変えたりすることで対応することができるので泥棒が敬遠しがちですが、窓は割るということができます。特に窓のカギはよく閉め忘れてしまうものですが、割ってカギを開けられる可能性があるということを忘れてはいけません。

侵入の手口について考えると、いくつかのパターンがあります。最も多いのは、こじ破りと呼ばれる方法で、窓にドライバーなどで穴を開け、そのままカギをこじ開ける方法です。手で開ける方法もありますが、これは三角破りともいわれる古典的な方法です。音もそこまでしない上に、手間がかからず素早く開けられてしまいます。

もっと大きく開けるのがうち破りです。バールやハンマーなどで窓自体を割ってしまい、鍵を開けます。大きな音は出ますが、時間帯によってはほとんど気が付かないことさえある方法です。

窓ガラスの特性を考え行われてしまうのが焼き破りで、ガスバーナーで窓を加熱し、水をかけたりして急激に冷やします。膨張と収縮を急激に起こすため、瞬時に割ることができますが、時間はかかります。



割れないガラスにするメリットと



窓の防犯を考えた場合、泥棒の手口に対応するということが重要です。時間をかけさせれば、それだけ諦める可能性が高くなるでしょう。時間をかけさせるということでは、防犯フィルムは手軽です。カギ回りだけに貼る方法と全体に貼る方法とがありますが、後者は素人では無理があります。価格は手ごろですが、時間をかけさせるだけで、簡単に破られてしまう可能性もあるため、高い効果は期待できません。補助錠などと併用することで、時間をかせぐことはできます。

補助錠はサッシの上下につけるカギで、あるだけで時間がかかるようになるでしょう。自分でもつけられますが、うち破りのように全体を破壊されると意味がありません。防犯フィルムとの併用が重要ですが、これもサッシの縁から全体を破壊されれば、効果は上げられないでしょう。外から見ただけでも分かるため、一定の防犯効果を期待することは可能です。

防犯ガラスは、特殊構造のガラスであり、特殊な層を挟んで作られています。樹脂を使った層で、ガラス全体の効果を上げることが可能です。ガラスに対して中間層があるため、簡単に割ることはできません。音が出やすく作られているものもあり、防犯ということに大きな効果をもたらすことができるでしょう。防犯フィルムのように局所的ではなく、どの点も破壊することが難しくなります。強化ガラスとも異なり、点の衝撃でも割れません。欠点としては、地震などで閉じ込められたときに、破壊して出ることが難しくなります。どこでも利用するというわけではなく、場所を考えて設置することが必要でしょう。



行動させないようにするために



防犯ということでは、窓は重要なポイントです。しかし、手を付けられてしまえば、それだけでもダメージが残ってしまいます。それでも、泥棒が苦手とする環境を作っておくということは重要になるでしょう。

窓の場合、時間がかかるということを認識させることが重要です。補助錠が見えるというのも一つの防犯対策であり、そこに防犯ガラスがあれば、開けるのは困難と考えるでしょう。車上荒らしに効果を上げている防犯ステッカーというものもあります。カメラで監視しているといったことや、防犯ガラスを使っているということをさりげなく貼っておくだけでも、泥棒の立場からすれば考えることになるでしょう。

暗くしないということも重要で、裏口にはセンサーライトなどをつけておくだけでも、十分に対策になってきます。音が出る砂というのも出てきていますが、泥棒は存在が分かってしまうことを嫌うので、効果をあげることができるでしょう。裏口だけではなく、狭い壁際の窓でも、こうした反応があるものを設置すると、泥棒はそれだけで嫌がります。ダミーの防犯カメラをつけるのも良いでしょう。時間を稼ぐことができますし、判別するまでに時間がかかるからです。防犯会社のステッカーも同じですが、存在を相手に知らせるということも方法なので、対策として考えておくと良いでしょう。

防犯ガラスの詳細ページはコチラ
ガラス修理のガラスの緊急隊トップ

次の記事へ

0120-658-119

メールでのお問い合せ

  • ガラス修理の料金表
ガラスのお困り・豆知識
防犯ガラスで家の防犯性を高めましょう
空巣被害で割れたガラスは火災保険で元通り
【空き巣】ご存じですか?泥棒の被害の場合、火災保険が使えます。
エコガラスって何?その機能とメリットを徹底解説!
  • お近くのガラス屋さんを探す
  • カギの修理交換でTポイントをGET 貯まる!使える!
  • ホームページ限定キャンペーン 2箇所以上のカギの交換で、作業料金から・・・3000円OFF!ご依頼時に「ホームページを見た」とお伝えください。
  • 鍵の緊急隊

お問い合せ | ガラス修理の緊急隊 -窓ガラスの修理や交換はプロのガラス屋さんへ