防犯ガラスで空き巣を撃退

防犯ガラスで空き巣を撃退

ガラス修理の緊急隊TOP > コラム > 防犯ガラスで空き巣を撃退

防犯ガラスで空き巣を撃退

空き巣は何処から入ってくる



近年の防犯意識の高まりから、各家庭や事務所でも玄関や窓の施錠を複数でかけたり、ピッキング対策などが盛んに行なわれているようです。ホームセンターでも様々な空き巣や泥棒対策グッズが販売されています。ですが、きちんと戸締りをしていても、空き巣や泥棒に入られたケースは多々発生しています。夜間の無人化する店舗や事務所、そして夜中だけではなく、時には堂々と昼間の人気の少ない住宅街に彼らは侵入していきます。

ではきちんと対策をしたうえで施錠をしているにも関わらず、空き巣や泥棒が店舗や事務所、住宅街の家に侵入してくるとしたら何処から侵入してくるのでしょうか。平成19年の警視庁生活安全総務課資料によれば、実は意外にもピッキングで玄関から侵入してくるのは2.5パーセントに過ぎません。最も多い侵入手口はガラス破りであり、空き巣や泥棒は窓のガラスを割って店舗や家に侵入して来ています。一戸建てだと侵入手口の68.2パーセント、4階以上の中高層住宅でさえも26.5パーセント、事務所だと36パーセントが窓ガラスを破って中に侵入して犯行を行なっています。

いくらしっかりと玄関や窓の施錠をしていても窓から、しかもガラスを破って侵入されては鍵をかけるだけの防犯ではお手上げです。しかし、大切な財産を空き巣や泥棒に渡してしまうのは悔しい限りですので、やはり有効な防犯手段を講じる必要があります。そこで有効な防犯手段として浮上してくるのが、防犯ガラスの存在です。普通のガラスを防犯ガラスに変えるだけで、侵入を難しくさせることが可能となり、侵入そのものを諦めさせることができると言われています。



侵入者は時間をかけるのを嫌う



そもそも空き巣や泥棒は建物に侵入をする時、時間がかかることを一番に嫌うと言われています。ある資料によれば、侵入を諦める理由のトップは近所の人にジロジロ見られたというものもあります。侵入時に時間をかけていては近所の人に目撃されるリスクが増え通報に繋がります。だから時間を気にするのです。

その時間の目安としてあるのが「5分」と言われています。ある統計によれば、「5分」以内に侵入できないと、約7割の空き巣や泥棒が侵入を諦めるとあります。普通に考えれば玄関や窓をしっかりと施錠していれば、それを解錠するにはやはり時間がかかります。最近は防犯錠もありますので解錠にはさらに時間がかかります。そこで手っ取り早く時間をかけずに侵入するには、乱暴ですが窓ガラスを破っての侵入がやはり一番時間がかからない手法だと行き着くのです。

このガラス破りには典型的な手法が2つあります。1つはドライバーを使い、音を立てずに無理やりこじ開けていく「こじ破り」と、2つ目は夜中の事務所荒らしなどに多い、大きな音が出るのを厭わすに直接的に乱暴にガラスに穴を開ける「打ち破り」と言われる方法です。いずれにしても、手馴れた空き巣や泥棒などにかかれば短時間でガラスを破壊し鍵を開け中に侵入してしまいます。

しかし、もしこれがなかなか破壊できないガラスだとしたらどうでしょうか。先にも述べましたが、空き巣や泥棒は侵入に時間がかかることを嫌います。ガラスを破壊するのに時間を取られては発見され通報されるリスクが高まるため、諦めざるを得ないのです。「防犯ガラス」は、二枚のガラスで特殊フィルムを挟んで張り合わせたものであり、ガラスを破壊して穴を開けるのにはとても難しい構造をしています。つまり侵入する為の穴を開けるのに時間がかかってしまうガラスなのです。防犯ガラスが普通のガラスより空き巣や泥棒の侵入を困難にさせることができるのは、この「時間がかかる」点に着目したガラスだからなのです。



防犯ガラスで侵入を諦めさせる



空き巣や泥棒が嫌がる窓は、穴を開けるのに時間がかかる窓です。防犯ガラスはその構造上、穴を開けるのに時間がかかるものです。たまに網ガラスを割れにくいガラスと思っておられる方がいますが、特殊な構造をしている防犯ガラスに比べると、普通のガラスと大差なく穴が開きやすいもので防犯にはそれほど向いていません。また、ホームセンターなどでよく見るガラスに貼り付ける「防犯フィルム」がありますが、これもガラスの構造自体を強化しているはわけではないので、あくまでガラスが割れたときの「飛散防止フィルム」とそれほど変わらないものと思っておいたほうが賢明です。

空き巣や泥棒に侵入をあきらめさせるにはやはり、時間がかかることを認識させる事が一番であり、その意味では防犯ガラスは彼らが嫌がる時間を味方につけた防犯強化グッズとなっています。あの手この手で家や事務所の財産を狙って侵入を試みてくる彼らを撃退するためには、その侵入経路を侵入不可能とまでは行かなくても、面倒くさい、時間がかかると思わせることが一番の方策なのではないでしょうか。防犯ガラスはその一つの解決方法を私たちに提示してくれています。

防犯ガラスの詳細ページはコチラ
ガラス修理のガラスの緊急隊トップ

次の記事へ

0120-658-119

メールでのお問い合せ

工事実績

工事実績ロゴ

料金表記は全てコミコミのわかりやすい総額表示を行っております

全メーカーに対応しております

ページトップへ戻る